毎朝のヒゲ剃りが大変!

仕事が忙しい夫。

なかなか有給も取れなくて疲れも溜まっていて、朝起きられない日もあります。
朝ごはんを食べる時間がなくても、性格上 出勤するときには身だしなみをきちんと整えて行きたいタイプ。

 

髪はセットしやすい短髪にしていて時間もあまりかからないのですが、ヒゲを剃るのにとても時間がかかっています。
毎朝30分近く鏡の前で、T字カミソリと格闘している姿をみます。

年々濃くなる夫のヒゲ

結婚前はそんなにヒゲが濃いというイメージがなかったのですが、年々濃くなってきているような・・・

 

妊娠をきっかけに子育てしやすいと評判のいい横浜市に住み始め、夫の通勤時間が長くなりました。
それと同時に忙しい部署へ配属されて、朝6時に出勤して帰宅は11時というハードな生活になり、疲れもストレスも半端ないと思います。

 

夜ご飯も外食することがほとんどで食生活も不規則。

 

ヒゲが濃くなる原因の1つに疲れやストレスから、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが過剰に分泌されること。とあったので、まさにその通り!

 

夜の外食にもヒゲが濃くなる原因と思われることがありました。

えっ!?焼き鳥がヒゲを濃くする??

付き合いもあるので、お酒を飲むのは仕方がないのですが、いつも行きつけの焼き鳥屋さんに行っていると言っていました。

 

食生活が男性ホルモンの分泌に関係しているそうなのですが、この焼き鳥が大きく影響していそうなのです!!

 

肉類は動物性たんぱく質が豊富で男性ホルモンと活性化させる作用があります。
特に牛や豚の赤身、鶏もも肉。

 

そして、ニンニクやねぎ類も、男性ホルモンの分泌を促進すつ成分が含まれているので、焼き鳥屋のねぎまは鶏もも肉+ねぎ。男性ホルモンを活性化させる最高の組み合わせだったんです!!

 

そうとは知らず、鶏は比較的ヘルシーだし焼き鳥屋はリーズナブルだから。と愛用していた夫。
これが、アナタを悩ませるヒゲが濃くなった原因かもしれないのに・・・

ヒゲが濃くなる年齢は??

男性ホルモンの働きが最も活発になるのは思春期を迎える15歳頃から20代前半は、個人差はあるものの、ヒゲや体毛が生え始めどんどん濃くなっていく時期です。

 

男らしさも増していき、男性ホルモンの分泌が増える頃というのは想像できますよね。
女性の場合も、女性ホルモンの分泌がピークを迎えるのは25歳頃。このころが妊娠出産の適齢期友いわれ、30代から40代後半にかけてゆっくり減少していき、更年期を迎え閉経していきます。

 

男性も女性と同じように40代頃から、男性ホルモンは減少していくのだと思っていました。

加齢でヒゲが濃くなる!?

しかし、調べてみたらその逆!
男性の場合は、40代から50代が1番男性ホルモンが活発になるんだそうです!!

 

正確に言うと、悪玉男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンの分泌が増えてくるのです。
このジヒドロテストステロンは、ヒゲや体毛を濃くするだけでなく薄毛やAGAの原因にもなるのです。

 

筋肉増強や男らしさ、生殖機能や精力を増進させるのがテストステロンで、加齢とともに減少していきます。
ジヒドロテストステロンは加齢とともに増加し、筋力の低下、生殖機能や精力の減退、ED、AGAなどの原因となります。

 

食生活など生活習慣をある程度変えてもらうとしても、加齢は止められません。
根本的にヒゲをどうにかするにはやっぱりヒゲ脱毛するのが1番だと確信しました。