ヒゲ脱毛の危険・リスク

ヒゲの濃い人や、肌が弱くてヒゲ剃りがつらいという人であれば、ヒゲ脱毛を1度は検討したことがあるのではないでしょうか。しかし、ヒゲ脱毛をすることで後遺症や副作用などが起こる可能性もあるため、施術を受ける前に、しっかりとリスクを把握しておくことが重要です。

 

ここでは、ヒゲ脱毛のリスクの特徴と、リスクの種類別の対処法について解説していきます。

もくじ

ヒゲ脱毛のリスクとは?

 

ヒゲ脱毛に危険・リスクはない?後遺症・副作用について解説

 

一般的にヒゲ脱毛とは、ヒゲを生成する毛根とその周辺部分にダメージを与え、ヒゲの量を減らしたり、ヒゲを作る機能そのものを破壊したりする行為を指します。皮膚に負担がかからないよう細心の注意が払われたうえで施術は行われますが、後遺症や副作用などが起こるリスクはゼロではありません。

 

特にヒゲは他の体毛に比べて太く、密集して生えていることが多いので、脱毛によるダメージが大きくなりやすい傾向があります。また、ヒゲ脱毛を行う際の施術方法によっても、リスクの種類や起こりやすさが異なるという点にも注意が必要です。

 

ヒゲ脱毛の主な施術方法は、「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類です。

 

「光脱毛」とは、IPL(インテンスパルスライト)などの機器を用いて光を照射し、脱毛を行う施術方法です。フラッシュライト脱毛などと呼ばれることもあります。使用される機器の出力が弱いので、皮膚への痛みも弱く、後遺症や副作用が発生する可能性も低いというメリットを持ちます。ただし、脱毛の効果自体も低く、減毛や不再生脱毛といった効果しか望めません。

 

「医療レーザー脱毛」は、医療用のレーザーを使った脱毛方法です。皮膚に照射されるレーザーの出力が強く、医療従事者以外には扱えない施術方法となっています。強力なレーザーを使用するため脱毛効果が高く、永久脱毛が期待できます。医師が施術を管理している性質上、アフターケアをその場で相談できるのもメリットだと言えるでしょう。しかし、光脱毛に比べて痛みが強く、後遺症や副作用が起こるリスクも大きくなりやすいというデメリットもあります。

 

「ニードル脱毛」は毛穴に電気針を刺し、毛根に電流を流して脱毛を促す施術方法です。針脱毛や電気脱毛と呼ばれることもあります。痛みが強いものの効果は高く、永久脱毛が可能です。刺激が強い分、やはりリスクも高くなります。

リスクケースその1【炎症、火傷】

ヒゲ脱毛でもっとも起こりやすい症状が炎症です。施術部分が腫れる、赤くなる、ひりつくといった症状のほとんどは炎症が原因となります。皮膚に光やレーザーを照射したり、針を刺して電流を流したりするわけですから、ヒゲ脱毛において避けられないリスクだと言えます。

 

それを踏まえたうえで注意したいのが、施術時の皮膚の状態です。生活習慣や乾燥などによってダメージを受けている皮膚は、脱毛の刺激に過敏に反応してしまうことがあります。そのため、ヒゲ脱毛の施術前後は保湿ケアやUVケアなどを徹底し、皮膚の状態を健康に保つようにしましょう。

 

炎症が起こった場合は、保湿剤を塗ってしばらく様子を見ます。医療機関による脱毛であれば、その場で医師が対処してくれるでしょう。腫れや赤みなどが続くようなら、患部に消炎剤や軟膏などを塗布して炎症を抑制します。

 

ヒゲ脱毛の施術後、腫れや赤みなどが続いたり、施術部に色素沈着があったりする時は、軽度の火傷が起こっている恐れがあります。火傷が起こる原因としては、施術に使用した機器のトラブルが考えられます。故障によってレーザーなどの出力が上がりすぎて、皮膚に強いダメージが加わってしまう場合があります。

 

さらに、人為的ミスの可能性もありえるでしょう。施術者の技術が低く、レーザーの照射レベルなどを誤って設定してしまっていると、火傷が起こります。他にも、皮膚にダメージを負った状態で施術を受けてしまうことも、火傷の原因となります。

 

肌荒れや日焼けなどで皮膚が極端にダメージを負っている場合、脱毛の刺激に耐えられないことがあるでしょう。火傷の症状を防ぐには、技術が高く、評判の良いクリニックやサロンを選ぶことが重要です。火傷が判明した際、無料で診察・治療してもらえるかどうかも確認しておくと良いでしょう。また、施術を受けているあいだは皮膚の状態を健康に保ち、日焼けをしないよう注意することも大切です。

リスクケースその2【毛のう炎、硬毛化】

 

ヒゲ脱毛に危険・リスクはない?後遺症・副作用について解説

 

毛のう炎は、脱毛後の皮膚にニキビ状の丘疹ができる症状です。脱毛によって皮膚のバリア機能が低下したり、毛穴が傷ついたりした際、ブドウ球菌などの雑菌に感染してしまうことで起こります。比較的起こりやすい皮膚トラブルで、症状が軽度であれば、痛みやかゆみを感じることはほとんどありません。ただし、症状が悪化すると膿が溜まって膿疱ができてしまうことがありますし、患部の硬化、痛みの発生や発熱などをともなうこともありえます。

 

予防するには、普段からのスキンケアが大切になります。常に皮膚を清潔に保っていれば、発生リスクを抑えられるでしょう。それから、ヒゲ脱毛の施術を受けたあとに、施術部分のヒゲを自分で抜かないことも重要です。ヒゲ脱毛は施術後すぐに施術部分のヒゲが抜けるわけではなく、数日かけて徐々にヒゲが抜け落ちていきます。

 

それにもかかわらず、焦って自分でヒゲを抜いてしまうと、雑菌の感染リスクを高めてしまいます。もし毛のう炎になってしまったら、丘疹を潰してしまわないように注意しましょう。塗り薬を使う時は自分で選ばず、医師に処方してもらった適切なものを使うのが賢明です。

 

硬毛化とは、脱毛を行うことで細い毛や産毛が、以前より濃くなってしまうという現象です。硬毛化の原因はまだはっきりと解明されていませんが、施術に使用されるレーザーや電流などの刺激で毛根が活性化し、体毛が濃くなるのではないかと考えられています。ただし、ヒゲ脱毛によって硬毛化が起こる確率は極めて低いと言われているので、過剰に心配する必要はないでしょう。

 

もし、硬毛化のリスクをできる限り排除したいという場合は、3種類の医療レーザー脱毛機器をそろえているクリニックを選択するのがおすすめです。3種類のレーザーとは、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ロングパルスヤグレーザー」を指します。これらのレーザーを取り扱っているクリニックであれば、いろいろな状態のヒゲに対応できるので、硬毛化の対策が可能です。

リスクケースその3【埋没毛、施術漏れ】

埋没毛とは、体毛が皮膚の内部で発毛・成長してしまう状態のことです。埋もれ毛や埋まり毛とも呼ばれます。埋没毛は脱毛を行うことで稀に起こることがあり、その原因は体質や皮膚の状態など、複合的なものだとされています。

 

埋没毛は、しばらくすると皮膚の新陳代謝によって、体外に出てくる場合があります。しかし、いつまで経っても体外には出てこず、皮下で炎症を起こしてしまった例も報告されています。対処法としては、埋没部分を保湿ケアしたり、蒸しタオルなどで温めたりするのが効果的です。皮膚が潤って柔軟になり、毛穴が開くことで、埋没毛が自然に出てくることがあります。

 

やってはいけないのは、毛抜きやカミソリなどで無理やり埋没毛を取り出すことです。無理に埋没毛を取り出そうとすると、皮膚や毛根が傷つき、余計に毛穴が塞がったり、埋没毛が目立つようになったりする恐れがあります。スキンケアをしながらしばらく待っても埋没毛が改善しないような時は、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

施術漏れは、施術したはずの部分のなかに、誤って施術できていない箇所があるような事例を指します。レーザーの照射角度の判断ミス、施術間隔の判断ミスなど、基本的には施術者の技術的なミスによって起こります。たとえ熟練の施術者であっても、人の手で行う以上、施術漏れの可能性はついて回るでしょう。とりわけ顎のように立体的な部分のヒゲ脱毛においては、施術漏れが起こりやすい傾向が見られます。施術から3週間以上が経過しても毛が抜けてこない時は、施術漏れを疑ってみたほうが良いでしょう。施術漏れが判明した場合、クリニックやサロンによっては、無料で再施術を手配してくれることがあります。

リスクと対処法を理解して、ヒゲの悩みを解決しよう!

 

ヒゲ脱毛に危険・リスクはない?後遺症・副作用について解説

 

ヒゲ脱毛は、ヒゲに悩みを抱える人にとって、メリットの大きな選択だと言えるでしょう。医療レーザー脱毛とニードル脱毛であれば永久脱毛も期待できるので、二度とヒゲの問題で悩まなくて済む可能性があります。

 

ただし、ヒゲ脱毛には後遺症や副作用のリスクがあるという点を、充分に理解しておくことが重要です。事前に後遺症や副作用の種類と対処法が把握できていれば、施術のリスクを軽減することができるでしょう。

 

ヒゲ脱毛を検討しているという人は、施術のリスクとその対処法をしっかりと勉強し、準備を整えてから施術に望むと良いのではないでしょうか。