ヒゲ脱毛の痛み

ヒゲ脱毛に興味があっても躊躇してしまう人は、「痛み」が気になっている場合が多いでしょう。しかし、ヒゲ脱毛は必ずしも痛みを伴うとは限りません。

 

痛みの少ない方法もたくさんあります。また、部位によっても痛みは変わるのです。

 

ここでは、ヒゲ脱毛の仕組みと痛みの原因、そして痛みの少ない脱毛方法について解説します。

もくじ

ヒゲ脱毛で痛みを感じるのはなぜ?

 

ヒゲ脱毛の痛みはどの程度?脱毛法・部位によって違う?

 

ヒゲ脱毛の多くは細胞を破壊したり、ダメージを与えたりすることによってヒゲが生えてこないようにします。そのため、ヒゲ脱毛の最中に痛みを感じるのは当然だといえるでしょう。

 

もちろん、脱毛方法や施術者のスキルにとって痛みの強弱は変わりますが、サロンやクリニックで行われている脱毛ではまったく痛みを感じないとの断言はできません。少なくとも「今、道具があたっている」という感触は確実にあります。

 

ヒゲ脱毛の中でもっとも痛みが強いといわれている方法はニードル脱毛です。ニードル脱毛はヒゲ脱毛の中でもかなりオーソドックスな手法であり、長い歴史を持っています。施術者は細い針を操って、サロン利用者の毛根に刺していきます。かつては針の力で直接毛乳頭を破壊していましたが、今では針から電気や高周波を流して破壊する仕組みが一般的です。

 

ニードル脱毛は針の突き刺す痛みに加えて、肌の腫れなどの副作用もあるために苦手な人は少なくありません。ただし、痛い脱毛方法が必ずしも悪いというわけでもなく、ニードル脱毛であれば「確実性」において他の方法以上を上回っています。体質や体調に関係なく永久脱毛へと近づけられるため、痛みを我慢してニードル脱毛を選択する人もいます。

 

脱毛方法について調べる際には「痛み」も重要なポイントの1つですが、それぞれに一長一短があるために総合的なメリットを考えるようにしましょう。

レーザー脱毛や光脱毛でも痛いのか

ニードル脱毛にかわって主流になったヒゲ脱毛の手段が、レーザーや光による施術です。レーザー脱毛も光脱毛も、毛の色素である「メラニン」に反応して細胞を刺激する工程は同じです。

 

レーザーの場合、熱で毛乳頭を焼き切って永久脱毛を目指します。光脱毛では特殊なフラッシュライトを顔にあてて細胞にダメージを与えます。レーザー脱毛は一度の施術でやや時間がかかりますが、成功すればずっとヒゲの生えてくる心配から解放されます。光脱毛は永久脱毛向きの施術ではないものの、広範囲にわたって光をあてていくため、施術が早く終わるのがメリットです。

 

レーザー脱毛と光脱毛が人気になったのは、それぞれニードル脱毛よりも痛みが弱かったのが理由の1つでしょう。特に、ライトをあてるだけの光脱毛はほとんど何も感じないまま施術が完了することさえあります。脱毛につきものと思われていた痛みから解放され、多くの利用者の指示を集めているのです。

 

一方、レーザー脱毛は熱をともなう方法なので完全に何も感じないまま終わることはほぼありません。それでも、機材の発達によって痛みは改善されています。また、レーザー脱毛は施術者のスキル、経験によって体感がかなり変わります。レーザーの扱いに慣れたベテランの施術者なら、大きな痛みを感じずに脱毛することも可能です。

 

レーザー脱毛を望む場合は、信頼の置けるクリニックを見つけられるようにリサーチしましょう。

痛みを特に感じる部位とは

 

ヒゲ脱毛の痛みはどの程度?脱毛法・部位によって違う?

 

ヒゲ脱毛においては部位によって痛みが変わります。肉の厚さ、皮膚の強度は顔の部位によって異なるため、刺激を与えたときに違いが出てくるのです。

 

ヒゲ脱毛で比較的、痛みが耐えられるのはアゴ下から首にかけての領域です。そもそもヒゲの量が少ない部分なので施術の時間もかからず、スムーズに脱毛も行えます。

 

次に楽な部位がほほです。ほほもまた、ヒゲの量が少ないので施術に手間が割かれません。ただし、エラが張っているなど彫りが深い顔つきではレーザーが当てにくく、施術が長引きがちです。その結果、痛みが蓄積するケースもありえるでしょう。

 

アゴになると痛みはやや強まっていきます。アゴはヒゲの量が多いため、どんな施術も長引きがちです。人によっては弱い痛みが数分間続き、大きなストレスにもなります。

 

多くの利用者がもっとも痛みを感じずにはいられないのが鼻の下です。人間の部位で一番ヒゲが生えてくる箇所なので、施術者の手も強くなる傾向があります。そのかわり、範囲が狭いので施術が早く終わるのは救いです。

 

利用者が施術中、強い痛みを感じる理由として「急に針を刺されて驚いた」「レーザーをあてるときに声がなかった」などの点が挙げられます。たとえ弱い痛みでも、突然現れたらびっくりして強烈に思えるでしょう。そこで、優良クリニックでは施術中の声がけを徹底して利用者のストレスを減らしています。また、部位によってレーザーの勢いをゆるめるなどの対応を考えてくれます。

痛みを感じずに済む脱毛方法もある

 

ヒゲ脱毛の痛みはどの程度?脱毛法・部位によって違う?

 

自宅で行える脱毛方法もあります。たとえば、ヒゲは剃るよりも「抜く」方が後はきれいになります。ヒゲを剃っても根元まで完全になくなるわけではないので、ヒゲが頑丈で太い人は青ヒゲが残ってしまいがちです。そこで、ヒゲを1本1本抜いていくと青ヒゲを対処でき、新たに生えてくるまでの時間もかせげます。

 

ただし、ある程度ヒゲを長く伸ばさなければヒゲは抜けません。そのうえ、ヒゲを抜く作業は激しい痛みをともないます。ときには出血することも珍しくないので、痛みに絶えられない人、スキルに自信がない人にはおすすめできない方法です。

 

より安全にヒゲ脱毛を自宅で目指すなら、ヒゲ専用の脱毛ローションを試してみましょう。毎日ヒゲを剃った後、顔に脱毛ローションを塗るだけで脱毛効果があります。脱毛ローションには抑毛成分が配合されており、ヒゲがすぐに生えてこないよう細胞に働きかけてくれます。もちろん、ローションには痛みがないので、ストレスなく、きれいな肌が実現するでしょう。

 

除毛クリームを顔に塗ってしまう人もいますが、原則として除毛クリームにヒゲへの効果はありません。毛を溶かしてきれいにする除毛クリームは、もっと細い毛を対象としています。ヒゲは除毛クリームで溶かすには太すぎる毛なので処理できないのです。あくまでもヒゲに対応しているローションで脱毛を目指しましょう。ただし、脱毛ローションの効用は短いうえ、体質によってはあまり反応が出ません。

脱毛で痛みを強めないための注意点

ヒゲ脱毛をクリニックやサロンで行うとき、注意点を守らなければ痛みが増してしまいます。それどころか、施術の効果も弱まるので正しい準備を経て施術日に合わせましょう。

 

まず、施術日朝でのヒゲそりは必須事項です。そり残しがあるとクリニックに着いてからシェーバーを渡されるのが普通ですが、万が一、そのまま施術が始まると痛みは大きくなります。

 

たとえば、レーザー脱毛であれば反応するメラニンの量が多くなるため、肌が火傷する恐れすら出てきます。しかも、肝心の毛根にまではレーザーが届きにくいので、そり残しにはデメリットしかありません。特別丁寧にする必要はありませんが、少なくともいつも通りにはヒゲをそってきましょう。

 

顔にニキビや吹き出物ができていたり、ケガをしていたりするときも施術は延期するのが賢明です。ヒゲ脱毛とは細胞を傷つける行為であり、健康な肌であっても赤くなってしまう可能性があります。まして、コンディションの悪い肌ならダメージは増大します。

 

また、日焼けしている肌もヒゲ脱毛には向きません。日焼けの原因になるのは、毛の色素と同じメラニンです。つまり、メラニンに反応するレーザー脱毛や光脱毛では、毛根にまで施術が浸透しません。しかも、レーザーが日焼けした顔全体を焼き切ろうとするので、より痛みも強くなるのです。施術の痛みを少なくする準備は、脱毛そのものの成功と関係があるので徹底しましょう。